ゲームをやる上でのインターネット環境を徹底解説!

雑記
スポンサーリンク

どうも、ふぁいぶです!

最近ゲームでネット対戦などをやっている時に、「この人とやると、めっちゃ回線が遅くなるんだけど…」って思う事ありませんか?

特に、格闘ゲーム(以下格ゲー)でラグが頻発し過ぎて勝負にならないとか。

勿論相手の回線が弱い可能性もありますが、自分自身のインターネット回線も弱い可能性が高いです。

今日は改めて、自分の復習も含めてゲームをする上でのインターネット環境作りをご紹介します。

今からネット環境を作るという方、是非参考にして頂ければと思います!

 

大前提として、スマホゲームとswitch以外は無線禁止!

スマホゲームや任天堂のSwitchは基本的に無線で大丈夫なのですが、PS4やPCでやるゲームにおいてはまず無線は絶対にNGです!

何故かと言うと、無線でやる場合どうしても回線速度が下がってしまうからです。

今俺がハマっているFF14も、ストリートファイターギルティギアといった格ゲーにおいても、バトルフィールドコールオブデューティーといったFPSゲームでも、動きやエフェクトが激しいものに関しては有線接続でのプレイが大前提です!

これらを無線でやってしまうと、酷いラグが発生してしまってゲームとして成り立たなくなってしまいます。

逆に何故Switchは無線でいいかと言うと、Switchは携帯ゲーム機という側面もあるので、そこまで速い回線速度は要求されません。

じゃあ無線なら何でもいいかというと、そうではありません。

基本的に光回線の無線接続がやはり一番なのです。

今ポケットWi-Fiルーターという、外でも持ち運びが出来る便利なものがありますが、ゲームを利用する目的では全く適していません。

その理由を、次の項目でお話します。

 

ポケットWi-Fiルーターは格ゲー等に使ってはいけない!

引用:au公式HP

引用:au公式HP

何故、ポケットWi-Fiルーターで格ゲー等をしてはいけないか?

基本的に上限なしと謳っているポケットWi-Fiルーターですが、大きな弱点を持っています。

一つ目は、家の中だと回線が上手くつながらない可能性が高くなるというもの。

実はポケットWi-Fiルーターで用いられているネット回線は、コンクリートの外壁だとネット回線を弾いてしまって自宅では使えないという状況に陥りやすいのです。

ポケットWi-Fiルーターを利用されているユーザーさんでもいらっしゃるのではないでしょうか?

携帯ショップでルーターを勧められたので契約したら、家で全く使えなかった事が。

それは、アパートやマンションに住んでいて、且つ外壁がコンクリート仕立てだと窓際でしか繋がらなくなります。

そうなるとゲームすら出来なくなってしまい、高い利用料金をただただ払い続けるだけになってしまいます。

非常に勿体ないですよね?

例えば、電車の中でスマホのギガ数を抑える為に使うとか、外でちょっとノートパソコンでインターネットを利用する場合に使うというのが、本来ポケットWi-Fiルーターの正しい使い方なのです。

家でゲームをする為には本気で向いていないので、快適にゲームをしたいのであれば光回線しか選択肢はありません

今eスポーツも注目され始め、プロゲーマーを目指す人も多くなってきています。

ですがネット環境から躓いている人は多々見られます。

ゲームが上手くなりたい、本気でプロを目指している、そういう方は光回線の導入を真っ先に検討しましょう。

 

ネット環境選びは、実は建物から始まっている

じゃあ光回線を導入すれば快適なゲーム環境を作れるかというと、実はそうでもありません。

まず知っておいて欲しいのは、光回線には戸建てタイプマンションタイプという2種類の回線が存在しています。

ここで最もお勧めするのが、戸建てタイプになります。

何故かと言うと、まずマンションタイプについて解説しないといけません。

マンションタイプとは、マンションの共有スペースにすでに光回線を繋いでいて、そこから各々の部屋に回線を引っ張っていくという方式です。

利点としては料金が安く、導入も手頃なので非常に気楽なんです。

が、最大のデメリットが住んでいる住人で光回線を共有して利用している為、建物内に利用者が多ければ多い程、ネットの速度が著しく下がってしまうのです。

上記の方式をVDSL方式といいます。

勿論最近では光配線方式といって、利用者が増えてもネット速度の低下を軽減する方式も登場していますが、やはり遅延を一切気にしないのであれば戸建てタイプがお勧めです。

戸建てタイプのメリット

では何故戸建てタイプがお勧めなのか。

戸建てタイプは上記のマンションタイプと違って、光回線が通っている電柱から直接部屋まで回線を引っ張ってきます。

すなわち、マンションの共有スペースを通さないので建物内の利用者の数とか気にせず、しかもネット速度低下を気にする事無くネットを楽しむ事が出来ちゃいます!

勿論工事が必要で料金もマンションタイプに比べて高くなってしまうのですが、高くても2000円プラスされる程度です。

安さを重視してマンションタイプを選んだのはいいけど、ゲームが快適に出来ないとなったらそれこそ無駄です。

ゲームのネット環境を重視したいのであれば、この出費は全然高くないと思えるのではないでしょうか。

しかし名前からして、戸建てタイプは戸建てだけにしか繋げられないのではないかという疑問を抱くと思います。

ですが、条件はありますがマンションやアパートでも戸建てタイプを選択する事は出来るのです。

戸建てタイプを選択できるマンション・アパート

ではどういうマンション、アパートなら戸建てタイプを繋げる事が出来るか。

それは、3階建ての建物である事です!

3階建て以上になってしまうと、基本的に戸建てタイプは選択できません。

その為、ネット速度が速い戸建てタイプを繋げたい場合は、すでに入居する建物選びから意識していかないといけません。

俺が一人暮らしをしていた際(今は家庭の関係で実家暮らし)、携帯ショップ勤務で得た知識の元に建物選びの段階で戸建てタイプに拘っていました。

レオパレス系統のマンションやアパートだとすでに回線が導入されている為、そもそも新しく新規でネットの契約を許さないという場所があるほどなのです。

ですからまずレオパレス系の物件は除外しました。

そうすると建物はそこそこ絞られてきますが、もう一つ気にしないといけない所があります。

最近だと大家さんの意向で最初からケーブルテレビのネット契約をしている物件があり、新規契約は大家さんが許可をしないという所もあります。

ですので、物件を選ぶ際は

  • 新規で光回線を契約してもいいか
  • 光回線の工事を許可してもらえるか

この2点をしっかり確認しましょう。

2点目の工事の許可を貰えるかという点なのですが、場所によっては壁に本当小さな穴を開けなくてはいけない場合があります。

やはり賃貸なので、大家さんからしっかり許可を得ないといけないのです。

その為に事前に確認をしておくのがベストです。

俺はこうやって建物から選りすぐりをして、快適なネット環境を手に入れていました。

 

速度が速い光回線のオススメを紹介!

さて、建物もしっかり選べました。

ここで一番悩むのはどこの光回線と契約すればいいかですね。

大体の戸建てタイプは最大通信速度は1Gbpsを超えているので、そこを超えていたらどこでもいいです。

そこで敢えて勧めるのであれば、以下の2社です。

NURO光

月額料金(戸建て)4743円
最大通信速度2Gbps(10Gbpsプランもあり)
使用回線NURO光独自の回線
備考マンションでも戸建てタイプ導入可能な場合がある
最大2Gbpsも出る高速光回線で、使用回線も独自の回線を使っているので速度低下は気にせず利用できる
対応エリアが非常に狭く、導入するには事前に公式HPで住所検索が必須になってしまう
最速と言っていい程、今注目されているNURO光
対応エリアの狭さが最大の弱点ではありますが、戸建てタイプにしては料金が安くなっているので非常にお勧めです!
もし検索して対応している建物であれば、迷わず契約する事をお勧めします!
今現在キャッシュバックも行っているようです!


auひかり

月額料金(戸建て)5600円
最大通信速度5Gbps(10Gbpsプランもあり)
使用回線auひかり独自の回線
備考auスマホならセット割引有
回線速度も速く、auスマホユーザーならセット割引が使えるのでお得。
使う年数によって料金が安くなるプランとなっている!
現状の環境からして、5Gbpsはちょっとオーバースペックであり料金がNURO光と比べると高め

もしNURO光のエリア対応外だった場合、次点はauひかりです!

こちらもNURO光同様にauひかり独自の回線を使用しているので、回線速度の低下はないと言っていいでしょう。

そしてauのスマホユーザーであれば、光とのセット割であるスマートバリューという割引が利用できるので、お使いのスマホが安く使える可能性も出てきますね。

関西・中部地方では戸建てタイプがそもそも導入できないという欠点はあるものの、それ以外の地域では戸建てタイプは選択できます。



ドコモ光、softbank光





どちらも料金は5200円からとフレッツ光より安く、1Gbpsと速度が速い。
また、docomo、softbankのスマホを使っていた場合はセット割引が入る!
利用ユーザーの多さによって、回線速度が遅くなる場合がある
NURO光、auひかりがエリア外だった場合の選択肢。
使用回線はフレッツ光なので、ユーザー数は半端ないです。
その為、地域によっては回線速度がちょっと遅かったりする可能性がどうしても出てきてしまいます。
こういった理由があるので、個人的にはフレッツ光は優先順位的に下になってしまっています。

まとめ

  • 無線接続ではなく、有線接続でゲームをプレイしよう!
  • ネット環境は建物で大きく左右される!
  • おすすめの回線はNURO光、次点でauひかり
  • 上記2つが対象外だった場合は、幅広いエリアに対応しているドコモ光softbank光

今回はネット環境を中心に解説をしました。

eスポーツが注目され始めてプロを目指す若い子が増えてきている現状、ネット環境を疎かにしているプレイヤーは非常に多いです。
勿論ゲームのテクニックも重要ですが、上達で何より重要なのはまずは環境作りです。
新生活も始まって現在自粛ムードになってしまっているからこそ、自宅で楽しめるネット環境をしっかりと整えて自宅でもネットをフル活用して楽しんじゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました